結婚式の招待状は幸せがたくさんこもったもの

結婚式の招待状をもらったときには、とても嬉しく感じることがあります。親しい友人だったり、懐かしい人からのものだとすれば、なおのこと嬉しく感じるものではないでしょうか。結婚式の招待状は、式が決まったときから色々と考えながら決めていくものだといいますが、どんなに忙しくてもお世話になった人や、親しい人たちには祝って欲しいと願うものです。招待状をもらう人にも、色々と忙しい人もいるでしょうが、きちんと考えて返信をしなければいけません。

結婚式の招待状に対するものにもマナーがあることを知っておきましょう。まずは、返信のはがきなどは必ず送ることは当然ですが、どのくらいで返信すればいいのでしょうか。できれば、その返信は一週間以内が好ましいといわれています。結婚式の会場の準備などもあります。あわただしくならないように、早めに返信して、できれば一言お祝いの言葉を添えておくと喜ばれるでしょう。ここでも実はマナーがあって、必ず黒いもので書くようにしましょう。あまり薄い色味に物だと縁起の関係で好まれません。もし、どうしても出席できない場合は、あらかじめ結婚される方に連絡しておくことが大事です。お祝いの言葉と同時に、残念だけれどときちんと理由を話しておくことです。そして、返信のはがきには何も書かずに、欠席に丸をつけて送ります。そして意外に知られていないこともあって、結婚式の招待状の返信に書く一言のメッセージなどには句読点を書かないようにしなければいけません。

これも縁起のいいようにとの配慮です。お祝いしてくれる人に対して結婚される二人はとても気を使って考えてくれるものです。その気遣いに答えて、めいいっぱいお祝いしてあげたいものです。お祝い事はどれだけ続いてもいいものです。親しい人や大切な人が幸せになるために進んでいくことに、笑顔でお祝いしてあげられるのはとても嬉しいことではないでしょうか。結婚式の招待状には、色々なものがありますが、どんなものでも嬉しいという気持ちがこもっています。幸せな時間をこれから過ごしていくことのお知らせのようなものです。大切な人の笑顔のために、こちらも笑顔で送り出してあげたいと思うものです。きちんとマナーを守って、そして心のこもった返信を書いて送ってあげるようにしましょう。たった一事の言葉がたくさんの人の笑顔の元になる、とても素晴らしいはがきになるかもしれません。心をこめて送ることが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です