結婚式の招待状の印象

結婚式の日取りが決まれば、詳細の打ち合わせが数回に渡り必要になります。ウェディングプランナーの方がリードしてくれますので心配はありませんが、細かな決め事が沢山ありますので余裕を持ってスムーズな挙式準備を心掛けましょう。ゲストへのファーストコンタクトは招待状です。おもてなしは招待状から始まっていると言っても過言ではありませんので、心を込めて作成したいものです。器用な方は手作りも素敵ですが、すべての方が出来るわけではありません。

かと言って、シンプル過ぎても味気ない印象を与えてしまいます。お勧めなのは式場で用意されたプラン内の招待状に一手間加え、個性を出す方法です。それほど手間もかかりませんし、数日で完了しますので多忙な方でも大丈夫です。プラン内について説明しますと、結婚式場では挙式にかかる必要経費をパックとしてまとめた様々なプランが用意してあります。例えばチャペル使用料、お花やドレス代、写真代、披露宴のお料理代金などです。各種オプションやグレードで料金が変わります。その中に招待状作成サービスが含まれているプランが殆どですので、それを上手に利用します。はじめに招待状の台紙を決めます。サンプルを見せてもらい、好みの台紙を選択します。この時までに結婚式全体のイメージが出来ているのであれば、そのイメージで統一するのがお勧めです。

例えば、当日のしおり・お料理のメニュー表・二次会の案内など、他の印刷物と統一すると大変素敵です。和風や洋風とテイストを統一するだけでも、まとまった雰囲気になります。その後は必要事項や文面を決め、印刷内容を確認します。万が一の間違いを防ぐ為にも、よく確認して下さい。問題なければ印刷業者が綺麗に印刷してくれますので、その間に一手間かける準備をします。手軽でお勧めなのはメッセージカードとシールを作成する方法です。招待状自体に写真を印刷するのは追加料金がかかってしまいますが、この方法ならパソコンとプリンタで簡単に写真入りのメッセージカードが作れますし、相手によってメッセージを変える事が出来ますので便利です。簡単ですが特別感があり喜ばれます。プリンタ対応のメッセージカードは数百円から市販されていますし、可愛らしいデザインやユニークなものまで、沢山の種類があります。その他にも、台紙に小さな穴を開けて細めのリボンを結ぶなど、工夫次第で華やかで、世界に1つだけの招待状になります。出来上がったら封筒に詰めて切手を貼って完了です。宛名印刷と切手貼り作業は式場でも対応していますが、多くの場合追加料金がかかります。この時もパソコンとプリンタをお持ちでしたら自分で宛名印刷・切手貼り作業をすると約1万円前後の節約にもなります。又、結婚相手の方と一緒に作業すると、結婚への自覚が増して愛情も深まります。挙式準備は2人で協力して素敵な結婚式となるよう、楽しみながら乗り越えたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です